ここから本文です

こだわりの食材を味わう天王寺グルメ

GOURMET

こだわりの食材を味わう天王寺グルメ

2021.06.23

ランチもディナーも、カフェもスイーツも!美味しいものを求めて天王寺ミオへ。2021年春にたくさんの飲食店が新オープン&リニューアルオープンして、ますます利用しやすく、さらに楽しくなりました。今回は、お店のコンセプトや人気メニュー、こだわりの食材を使ったおすすめのメニューについて紹介します。

北海道の味覚をギュギュッと!
地酒やワインも豊富にそろう。





北海道ならではの食材を使用した、カジュアルな北海道料理専門店。新鮮な海の幸や、旨味・栄養をたっぷり蓄えた野菜は、思わず頬がゆるむおいしさです。 ランチは、ホッケや鮭など海鮮のセットメニューが充実。「鮭山かけ丼定食」や各種グラタンなど、和洋問わず、北の大地のおいしいものがずらりと並びます。




またディナータイムは、北海道の地酒や地ビール、ワインなどを片手に居酒屋使いするのもおすすめ。近隣ではこちらだけで取り扱う、北海道のフルーツを贅沢に使用した「北海道ハイボール」や「フルーツビール」など珍しいお酒とともに、新鮮なお造りやほくほくのコロッケ、ザンギなどをいただきたいです。


北海道のチーズがとろ〜り。
お腹も大満足のグラタン。



同店でとくに人気のメニューといえば、種類豊富なグラタン。北海道ならではの野菜や海鮮を具材に、プリッと弾けるマカロニとクリーミーなホワイトソースを絡ませ、北海道のチーズをたっぷりトッピングします。「アスパラグラタン」は、香ばしく焼けたチーズと大きめのアスパラが絶妙にマッチ。コーンのぷちぷち食感とやさしい甘味も加わり、たまらないおいしさです。グラタンにはそれぞれミニサラダ付きなのもうれしいポイント。

アスパラグラタン 990円
海の幸と自然の恵み ふらのキッチン|プラザ館4F

豚骨と鶏ガラのWスープを堪能。
熟成させた細麺がよく絡む!





京都に本店を構える「香来」が大阪に初出店。何度も試作を繰り返して出来上がった細麺は、熟成させることで小麦の風味がアップ。スープもしっかり吸い上げて、喉越しのよさと麺自体のおいしさの両方を叶えました。

基本の「ラーメン」は豚骨と鶏ガラのWスープに軽く背脂をプラスし、旨味とコクのバランスにこだわった逸品。熟成細麺とも相まって意外とあっさり食べられるので、女性にもおすすめの一杯です。ほかに、平打ち麺で仕立てる「台湾まぜそば」も看板メニューのひとつ。つるっとした麺にほどよい辛さの肉味噌が絡み、クセになるおいしさです。


自家製だれでいただく夏の味。
コシのある麺でつるっと。



「特製冷麺」は夏だけの限定メニュー。コシのある冷たい熟成細麺がシャキシャキのきゅうりや、コリコリのキクラゲと絡み合い、夏らしい爽やかさと味わいを演出します。 自家製だれはゴマとしょうゆから選ぶことが可能。国産の極細ゴマを使ったコクのあるゴマだれ、酢がしっかり利いたしょうゆだれ、どちらも試してみたいです。

特製冷麺 900円



やわらかさとしっとり感にこだわって仕上げたチャーシューも評判。脂肪はカットし、あっさり食べられるのが魅力です。「ラーメン」や「特製冷麺」にトッピングされるほか、ラーメン鉢を覆うように大胆に盛られた「チャーシューメン」も美味。

元祖熟成細麺 香来|本館10F

日本食の美味しさは、もっちり
ご飯と香り高いお出汁から。







日本の食にとって、ご飯とお出汁は太陽と月のように欠かせないもの。店名にそんな思いを込めた「月日亭」が2021年3月31日、「つきひ」としてリニューアルオープン。コンセプトはそのままに、日本料理をより気軽に味わえるお店に生まれ変わりました。お米は米の食味ランキングで特Aを取得した岩手県産のブランド米「銀河のしずく」を、店内で前日に精米して使用。大きめの粒ともっちりとした甘みが特徴です。お出汁は利尻産昆布と鹿児島産かつおがベース。11階からの展望も抜群なお店です。


どどん!とそびえる
ローストビーフの山に挑戦。



名物ローストビーフがメインの3品。2時間かけて60℃でじっくり低温調理。山盛りのローストビーフに大満足間違いなし。まずはタレのかかったところをひと口、次に温泉玉子をからめてひと口、さらにヨーグルトソースをつけてひと口……と、味変しながら最後まで飽きずに味わえるのもポイント。ご飯はもちろん「銀河のしずく」使用。「ローストビーフ丼セット」はあんかけ茄子付き。定食メニューでは、セットの点心をプラス100円でローストビーフに変更できます。

ローストビーフ丼セット 1,680円
ローストビーフ丼・大 1,680円
メガローストビーフ丼 2,480円


シロップがしみたふわふわ氷は
繊細でやさしい口どけ。



72時間かけてじっくり凍らせた日乃出製氷の「大和氷室」を使用したかき氷がおすすめ。氷の密度を均一に保った透きとおるような純氷で、ふわっとした口当たりが特徴。「頭がキーンとならない」と評判です。「アルプスの女王」はナッツの女王と名高いピスタチオのかき氷。中には雪見大福のお宝が眠っています。「雪ん子いちご」は苺の酸味とミルクの甘味が相性ばっちり。「ふわふわ抹茶」は栗やあんこ、大福もちが乗って食べごたえ抜群。

アルプスの女王 980円
雪ん子いちご 980円
ふわふわ抹茶 980円
つきひ | 本館11F

老舗店の本格中華を、
リーズナブルなお値段で。





上本町に本店をかまえ、昭和33年の創業以来60年以上にわたって愛されてきた本格中華料理店。「多くのしあわせ、多くの楽しみ」をモットーに、気軽なセットメニューやアラカルトを提供。具沢山な「百楽特製春巻」は必食です。そのほか麻婆豆腐、豚ロースの酢豚なども看板メニュー。最近は「百楽豚まん」や「ジャンボ唐揚げ」など、テイクアウトメニューも充実しています。


じっくり発酵させたふかふかの
豚まんにかじりつく幸せ。




名物の「百楽豚まん」は職人がひとつひとつ手作りするこだわりの味。生地を冷蔵庫で低温発酵させることで、きめ細かくふっくらもちもちの皮を生み出しています。店内では大きな蒸籠で蒸し上げ、アツアツを提供。


豚まんの餡から肉汁がじわっ。
おやつやおかず、手土産に。



中の豚肉餡は肉汁たっぷりでとてもジューシー。おかずの一品にも、小腹が空いた時の軽食にもおすすめな小ぶりサイズ。思わず2つ3つと食べたくなってしまうかも。食卓の空気を盛り上げるのにぴったりな、SNS映えも抜群の大きさです。手土産としても。

百楽豚まん 150円
天王寺百楽 | プラザ館4F

洋食の名店が手がける
喫茶と軽食のお店。





2021年2月25日にNEWオープン。1946年創業の老舗洋食店「グリル マルヨシ」が初めて手がけるカフェ。おいしいコーヒーのほか、こだわりのカレーが味わえます。昔なつかしい固めのプリンや長靴型のグラスが可愛いソーダなど、レトロなカフェメニューが魅力。エビピラフやローストビーフ、野菜たっぷりのカフェごはんも充実しています。小休止にもお食事にも立ち寄りたいお店です。


甘いアイスとさっぱりとした
コーヒーゼリーは相性抜群。



コーヒーサンデーフェアでは3種類のメニューを展開中。「昔ながらのコーヒーサンデー」はコーヒーゼリーにキャラメルラテアイスとバニラアイスが乗ったどこか懐かしいサンデー。「白玉ぜんざいコーヒーサンデー」はゆるめのあんこにほろ苦いコーヒーゼリーがマッチした和のお味。「白玉小倉コーヒーサンデー」はどっしりとしたあんこが特徴。抹茶クリームも相まって食べごたえ抜群ながら、コーヒーゼリーの余韻が爽やかです。

昔ながらのコーヒーゼリーサンデー 748円
白玉ぜんざいコーヒーゼリーサンデー 748円
白玉小倉コーヒーゼリーサンデー 748円
まるよしカフェ | プラザ館4F