植物視点
浜中 悠樹
HAMANAKA Yuuki
 
 


 
※展示作品の一部を掲載しています
  何気なく見下していた同じ街を生きる植物。同じ目線に立って日中夜、追いかけていくと彼等が主役の世界に踏み込んだ気がしました。そこには、雑踏の中に凛と立ち、咲き誇ったり、うつむいたりと様々な表情を現しながら短い生を懸命に過ごす彼等の姿がありました。「植物視点」は、そんな同じ街に住みながらも見えていなかった、もう一つの世界を生きる住人を写した作品です。  
  (カラー24点)